【東京の音楽・ダンス・声優の専門学校】音楽・ダンス・声優&エンターテイメント業界にデビュー・就職!!

  • TEL
  • Mail
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
  • Instagram

コンサートプロモーターの仕事

コンサートプロモーターの仕事

コンサートプロモーター 宮本曉子さんの場合

コンサートプロモーターをする宮本さん。新たなアーティストに出会い関わっていくことが醍醐味です。

コンサートプロモーター

宮本 曉子さん

コンサート企画制作コース卒業

株式会社サウンドクリエーター第1制作部 第1制作課チーフを務め、野外フェス「京都大作戦」やEXILE、私立恵比寿中学など、様々なコンサート企画制作を行う。

◆オープンキャンパスで出会ったコンサートスタッフの仕事◆

宮本さんがこの仕事に就きたいと思ったきっかけは?

「中学校の時に、友達に誘われてGLAYのコンサートを見に行ったんです。数曲しか知らない状態で行ったんですが、コンサート終了後は食事が喉を通らないくらいの衝撃を受けて。セットの素晴らしさと、数万人のお客さんが熱狂している姿に圧倒されたんです。そこでコンサートというものに携わりたいと思いました」

実際に、音楽業界への進路を固めたのは?

「高校3年ですね。とにかく音楽の仕事をしたいと思っていたから、大学よりも専門学校に行ったほうがつながりやすいし、早く仕事に就けるんじゃないかと思ったんです。それで本校のオープンキャンパスに行ってみたら楽しくて、2〜3回通った記憶があります。この時にPAエンジニアコースとコンサート企画制作コースを体験したんですが、舞台進行の役をさせてもらったのが、すごく楽しかったんですね。“ここに入学したら、こんなことが学べるんだ”と決め手になりました」

学校の授業で、今も役に立っていることは?

「1500人のお客さんが入る学外のホールで、定期的にイベントをやらせてもらっていました。その運営の中で、私は舞台監督の役割をしていました。タイムテーブルやバンドのセッティング図を一から作ったり、楽器の転換をやったり。今の仕事でもタイムテーブルを作ることはありますし、この経験のおかげで機材にも少し詳しくなれました。やっておいてよかったな、と思いますね。一番尊敬する講師の先生が、コンサートプロモーターだったので、その当時の話を聞いているうちに、“私も同じ仕事をやってみたい”と夢が明確になりました」

◆野外フェスの『京都大作戦』は思い入れが強いです◆

これまで、どんなお仕事を経験してきましたか?

「私の経歴で一番代表的なものは、『京都大作戦』という野外フェスを担当させてもらっていることです。10-FEET主催の、2日間で4万人を集める夏フェスです。私が入社した時にスタートしたので初年度から関わらせてもらっています。そして私が京都出身ということもあり、かなり思い入れが強いです。ただ、5年目くらいまでは失敗を繰り返し、毎年課題が山積みでした…。今ではようやく形ができ、新しいことにチャレンジして進化させています!どんなに忙しくて寝れない日々が続いても、ライブが開演した瞬間のお客さんの歓声を聞いた時に、今年も頑張ってよかったなと感じます」

コンサートプロモーターとしては、具体的にどんなことをするのですか?

「まず会場を探すところから始まり、出演者のブッキング、チケット発売の段取り……。チケットを売るための宣伝プランを考えます。公演日が近づいてきたら、ホテルやタクシーの手配、食事の手配などを行います。お弁当のメニューも私たちが決めるんですよ。イベント当日は、お客さんが安全に来て、安全に帰ってもらうことが大切です。お客さんが帰られた後は撤収をし、後日精算作業をしてようやく終了です。会場の規模にもよりますが、最初から最後まで考えると、1年がかりです。これを同時進行で何公演も担当します」

宮本さんの行く現場は、どういう流れで決まりますか?

「基本的には自分が担当しているアーティストの現場に行くことになります。“この人達は売れる”と思えるアーティストを見つけて、その事務所やレコード会社の方にアプローチをし、上手くいけばイベントやコンサートを任せてもらえます。ポイントは熱意です」

宮本さんが思ういいコンサートプロモーターとは、どういう人でしょう?

「愛情を持って1枚でも多くチケットを売る人、プロモーション能力のある人でしょうね。プロモーション能力とは、面白いアイデアがあるかどうか。例えばチラシ1つ作るにしても、形を変えてみたり。そういうアイデアは豊富なほうが、いいですよね」

◆全てに対しての愛情が、この仕事には必要◆

ギャランティは、お給料制ですか?

「給料制ですね、年度末に社長面談があるので、自分の担当したイベントの売上や収益などを見ながら相談します。そういった成果を認めてもらい翌年の給料が変わります。ちなみに今は年俸制です」

仕事をする上で、常に気をつけていることは?

「すぐにお返事やリアクションすることを心がけています。ポンと返ってきたほうが、“ちゃんと自分の仕事を考えてくれているな”と相手に好印象を与えますし、逆に返事が遅いと不信感を抱かせてしまいます。あとは新しい情報を収集するようにしています。アーティストの担当している事務所の方と食事に行き、これから活躍が期待される新人を教えてもらい、ライブの日程をチェックして見に行ったりします」

コンサート業界に入るために、必要なことは何でしょう?

「いかにライブが好きかどうかだと思います。コンサートプロモーターとしては、朝早くて夜遅い仕事なので、体力はいりますし、基本的に土日はライブがありますから、カレンダー通りには休めません。本当に好きじゃないと続けられないと思います。そして、すべてに対しての愛情が大切だと思っています。人と人で繋がっている業界なので、アーティストへの愛情はもちろん、一緒にイベントを作るスタッフにも愛情を持っています。同じ想いを持っている人がいる現場は、頑張ろうと張り合いも出ますしね。愛があれば何でも乗り越えられる。私にとって仕事は恋愛と一緒です(笑)」

コンサートプロモーター
宮本曉子さんのお仕事データ

●コンサートプロモーターの仕事とは
アーティストがライブを公演する際、会場決めやチケット販売・宣伝などを行います。担当したいアーティストを見つけ出したら、所属事務所やレコード会社にコンタクトを取り、主催を任せてもらうよう交渉することも。
●求められる人物像
とにかくコミュニケーション能力です。業界への知識はもちろん、人と人とのつながりでやっていく仕事ですから、積極的に交流の持てる人。
●仕事のやりがい
準備はとても大変ですが、たくさんのお客さんが足を運び、喜んでいるのを見ると、やってよかったと思います。

▼ある1日のスケジュール

睡眠
7:30 入浴・準備
8:30 出発
9:00 機材搬入

さすがにドームクラスだと業者さんがいるのでお任せしますが、ホールやライブハウスは手伝います

11:00 物販の準備

お店の位置を決めたり、商品を並べる準備を手伝います

12:00 アーティスト到着
12:30 アーティストのケータリング確認、ケアなど
13:00 リハーサル

リハーサル中は、お客さんに渡す配布物やチラシの準備をします

14:00 物販先行販売

お客さんの整列指示をします

17:00 開場

当日券を販売します

18:00 本番

本番中は、極力ライブを見るようにしています。終演後にアーティストと食事に行くことが多いので、感想をお伝えするためにも見ておきます

20:00 終演

関係者挨拶の仕切り、アーティストのタクシー手配など

21:30 打ち上げ
23:30 終了
24:00 帰宅
24:30 就寝
PAGE TOP