【東京の音楽・ダンス・声優の専門学校】音楽・ダンス・声優&エンターテイメント業界にデビュー・就職!!

  • TEL
  • Mail
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
  • Instagram

ライティングオペレーターの仕事

ライティングオペレーターの仕事

ライティングオペレーター 中村茉綺さんの場合

照明の仕事に就いた中村さんは、アーティストのコンサートからイベントまで、たくさんのステージに関わっています。

ライティングオペレーター

中村 茉綺さん

照明スタッフコース卒業

本校を卒業後、株式会社 東京舞台照明にてライティングオペレーターとして勤務。
アーティストのコンサートや様々なイベントの照明を担当する。

◆学校で、チームワークの大切さを学びました◆

なぜ、この業界に入ろうと思ったのでしょうか。

「母があるアーティストのファンで、私もつきそいとしてライブに通っていました。アーティストさんはもちろんですが、彼らを照らす照明がとてもかっこよくて。照明がないとできない演出もあるから、そこに惹かれました。高校2年生の時ですね」

この学校に進もうと思った理由は?

「照明の会社を調べてみたら、“ここに就職したい”と思った企業があったんです。各専門学校のHPを見ると、就職実績がわかりますよね。それで本校をチェックしたら実績がよかったので、選びました」

学校の授業では、どんなことが印象的ですか?

「在校中はいろいろなイベントに参加して、成功させるために仲間とぶつかったりもしましたが(笑)、チームワークの大切さを学びました。それが一番の思い出です。授業では、照明の色から音楽理論まで勉強することができて、ムダなく学べたと思います」

夢を叶えて照明の仕事に就きましたが、仕事の内容は?

「音楽系のライブから展示物、企業のお披露目会など、幅広くやっています。音楽系のツアーに帯同したライブだと有名男性アイドルグループや韓流歌手、人気ダンスヴォーカルユニットや大型ロックフェスにも関わりました。具体的な仕事内容は、毎日現場に行っているわけではなく、本社で次の現場の準備やチェックをしたり、現場から戻ってきた機材の降ろしや積み込み、チーフから渡された照明の図面を元に動線をどう取るかなどを考える日もあります。そして現場では、照明を当てるための準備をして、本番を迎えます」

◆初めてのドームで、震えて泣いてしまいました◆

中村さんは就職して2年目とのことですが、どれくらいのお仕事を現場で任されているのでしょうか?

「まだ会社の中では新人なのですが、1年目ではセンターチーフ(指示を出す人)のキューを聞いてピンスポットを担当していました。2年目になると、センターチーフをやることが増えてきましたね」

中村さんのところには、どういう形で仕事の依頼が来ますか?

「スケジュール管理者から、“この日はこの現場に行ってください”と指示が来ます。私が任されるのは、歌ものが多いです。他に展示会や商品の新作発表会、株主総会などの依頼もあります」

今までのお仕事で、印象的なことは?

「開場の時点では点いていた明かりが、本番が始まる直前に落ちますよね。すると、お客さんから“キャーッ!”という歓声が湧き上がります。それを聞いた瞬間……、緊張なのか興奮なのかわかりませんが、震えました。特に有名男性アイドルグループのツアーでは、私にとって初めてのドーム公演だったこともあり、まだ曲が始まっていないのに泣いてしまいました」

尊敬する先輩はいますか?

「全員です!技術的なことはもちろんですが、わかりやすい指示を出してくれたり、つらい現場でも盛り上げてくれたりするなど、憧れる先輩がたくさんいます」

◆お金を払う価値のある照明を作れるか◆

照明の仕事で評価されるのは、どんなことだと思いますか?

「本番でどれだけキレイな明かりを作れるか、結果を残すことだと思います。お客さんはお金を払ってライブを見ていますから、それに相当する照明がちゃんとできているか。あとは仕込みの時点で明るく元気だと“この子、また使ってみようかな”と思ってもらえる気がします。いつも明るく元気な人のほうが、周りも仕事をしやすくなると思います」

賃金は給料制ですか?

「そうです。基本給があって、残業時間が加味されます。ツアーの時は、交通費と出張手当も出ます」

照明オペレーターになるために、必要なことは?

「体力と、覚悟です。体力的にも精神的にも強さが必要ですし、“照明で一人前になるぞ”という覚悟は大切です。“照明って、女性でもできるの?”と思う人がいるかもしれませんが、私は力仕事もやりますし、高いところも登ります。現場では、男女差はありませんよ」

お仕事をする上で、常に気をつけていることはありますか?

「いろんな音楽を聴くようにしています。あとは食事をきちんと取るようにして、体調管理をすること。就職する前は“風邪っぽいな”と思ってもそのまま放置して、風邪を引いてしまってから薬を飲んでいましたが、今は気配を感じたら早めに薬を飲むようにしています。それとストレス発散も必要なので、休日はしっかり休んでおくことも重要です。体調不良で休むのは、自己管理が甘いと見られてしまいますから、そこは気をつけるようにしています」

どんな後輩に、この世界に入って来てほしいですか?

「いろんなことに興味を持てる、向上心のある人ですね。駆け出しの頃は辛いこともあるかと思いますが、それにめげず、夢を叶えるために頑張れる人に来てもらいたいです」

ライティングオペレーター
中村茉綺さんのお仕事データ

●ライティングオペレーターの仕事とは
音楽系のライブや、舞台や展示会などで、照明のプランニングやオペレートをする仕事です。大きなピンスポットやステージ横から照らすサイドスポット、頭上にあるサスペンションライトなど様々なライトを組み合わせて、舞台を美しく彩ります。
●求められる人物像
明るくて、返事などの声が大きく出せて、大変なときでも次へ次へと進める人です。めげない心は必須でしょうね。
●仕事のやりがい
決めたいところでビシッとライティングが決まると、“おっ、かっこいい”と自画自賛します(笑)。その瞬間があると、嬉しいですね。

▼ある1日のスケジュール

睡眠
6:50 食事、準備
8:20 現場到着

初めて行く現場は、早めに着くようにしています

8:50 打ち合わせ
9:00 搬入
9:30 仕込み

吊り物を下げたり、ステージ上の照明を仕込んだり、照明の高さを合わせたりします

11:30 シュート

明かりのラインを見て、位置や向きを決める作業です

12:30 機材整理
12:40 昼食
13:10 ピンスポットのデータまとめ、打ち合わせなど
14:20 リハーサル
16:10 修正

リハーサルで修正個所が見つかるので、そこを直します

17:30 スタンバイ

修正がまだあるようなら、ここでもやります。また、この間に軽食を取っておきます

18:00 本番
20:40 撤収、搬出
22:30 退館
23:30 帰宅

テレビを見たりして、くつろぎます

25:00 就寝
PAGE TOP