【東京の音楽・ダンス・声優の専門学校】音楽・ダンス・声優&エンターテイメント業界にデビュー・就職!!

  • TEL
  • Mail
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
  • Instagram

情報公開

情報公開

学校の概要、目標及び計画

各学科等の教育

プロミュージシャン科 プロミ 昼間部一 カリキュラム
プロミュージシャン科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
  1. 多様化する業界において即戦力となる人材、そしてグローバルに活躍できる人材を育成する。
  2. ミュージシャンに必要な基礎教育、専門教育に加え、ICT/ソーシャルメディア教育などを組み合わせたカリキュラムを構築していく
  3. 産学連携による「企業プロジェクト」をカリキュラムの柱に、スキルの習得だけでなく、在学中から現場経験を基にした実践力を身につける
カリキュラム一覧 シラバス(実務家教員による授業) シラバス(その他の授業)
プロミュージシャン科 プロミ 昼間部二 カリキュラム
プロミュージシャン科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
  1. 多様化する業界において即戦力となる人材、そしてグローバルに活躍できる人材を育成する。
  2. ミュージシャンに必要な基礎教育、専門教育に加え、ICT/ソーシャルメディア教育などを組み合わせたカリキュラムを構築していく
  3. 産学連携による「企業プロジェクト」をカリキュラムの柱に、スキルの習得だけでなく、在学中から現場経験を基にした実践力を身につける
カリキュラム一覧 シラバス(実務家教員による授業) シラバス(その他の授業)
音楽テクノロジー科 音テク2年制 昼間部一 カリキュラム
音楽テクノロジー科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
  1. 音楽業界に従事するスタッフとして必要な知識・技術を習得する為の、「基礎科目」・「専門科目」と、産学連携教育システムを通じた「プロジェクト」を複合してカリキュラムを編成していく
  2. 企業と連携したプロジェクトにより、実践的に現場力を高め、専門的能力と、問題解決能力を養う
  3. 教育課程編成委員会や講師会を通じて毎年シラバスを見直し、業界が求める人材育成をしていく
  4. 基礎科目、専門基礎科目、専門応用科目を基にした産学連携プロジェクトを通じて、プロの設定する締め切り内プロの求めるクオリティで仕上げられる音楽制作スキルを身に付ける為のカリキュラムの構築
カリキュラム一覧 シラバス(実務家教員による授業) シラバス(その他の授業)
音楽テクノロジー科 音テク2年制 昼間部二 カリキュラム
音楽テクノロジー科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
  1. 音楽業界に従事するスタッフとして必要な知識・技術を習得する為の、「基礎科目」・「専門科目」と、産学連携教育システムを通じた「プロジェクト」を複合してカリキュラムを編成していく
  2. 企業と連携したプロジェクトにより、実践的に現場力を高め、専門的能力と、問題解決能力を養う
  3. 教育課程編成委員会や講師会を通じて毎年シラバスを見直し、業界が求める人材育成をしていく
  4. 基礎科目、専門基礎科目、専門応用科目を基にした産学連携プロジェクトを通じて、プロの設定する締め切り内プロの求めるクオリティで仕上げられる音楽制作スキルを身に付ける為のカリキュラムの構築
カリキュラム一覧 シラバス(実務家教員による授業) シラバス(その他の授業)
ダンス&アクターズ科 DA 昼間部一 ダンス カリキュラム
ダンス&アクターズ科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
  1. 産学連携を通じて、多くの現場経験をし、即戦力として活躍できるカリキュラムの構築
  2. 高いコミュニケーション能力を持ち、リーダーシップが張れるカリキュラムの構築
  3. DIPを通じてグローバルな視点を持ち、ホスピタリティ精神を持って、自ら考え、行動に移せる人材育成のカリキュラム
カリキュラム一覧 シラバス(実務家教員による授業) シラバス(その他の授業)
ダンス&アクターズ科 DA 昼間部二 アクター・メイク カリキュラム
ダンス&アクターズ科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
  1. 産学連携を通じて、多くの現場経験をし、即戦力として活躍できるカリキュラムの構築
  2. 高いコミュニケーション能力を持ち、リーダーシップが張れるカリキュラムの構築
  3. DIPを通じてグローバルな視点を持ち、ホスピタリティ精神を持って、自ら考え、行動に移せる人材育成のカリキュラム
カリキュラム一覧 シラバス(実務家教員による授業) シラバス(その他の授業)
音楽テクノロジー科 音テク3年制 昼間部一 カリキュラム
音楽テクノロジー科 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)
  1. 音楽業界に従事するスタッフとして必要な知識・技術を習得する為の、「基礎科目」・「専門科目」と、産学連携教育システムを通じた「プロジェクト」を複合してカリキュラムを編成していく
  2. 企業と連携したプロジェクトにより、実践的に現場力を高め、専門的能力と、問題解決能力を養う
  3. 教育課程編成委員会や講師会を通じて毎年シラバスを見直し、業界が求める人材育成をしていく
  4. 基礎科目、専門基礎科目、専門応用科目を基にした産学連携プロジェクトを通じて、プロの設定する締め切り内プロの求めるクオリティで仕上げられる音楽制作スキルを身に付ける為のカリキュラムの構築
カリキュラム一覧 シラバス(実務家教員による授業) シラバス(その他の授業)
履修、試験、および進級・卒業の認定に関する事項

東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校では以下のディプロマポリシーを策定し、学則、細則に則り進級、卒業を認定しています。

プロミュージシャン科 ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
  1. 変化する業界の中で、演奏スキルのみにとらわれず、デジタルメディアを駆使した、全方位(多角)的に活動できる次世代ミュージシャン
  2. グローバル化が進む社会において、主体的に物事に取り組み、国内外問わず将来の業界を牽引できる即戦力人材
  3. 業界の最先端を牽引する、ミュージシャン・クリエーターの育成・輩出
音楽テクノロジー科 ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
  1. コンサート・音楽ビジネス業界に必要とされる即戦力スタッフとして、ホスピタリティ・コミュニケーションスキルに長け、臨機応変に動き、的確かつ、スムーズな対応が出来る人材の輩出
  2. コミュニケーション能力が高く、リーダーシップを持ち合わせ、十分な専門知識を持ち、チームワークにおいてプロデュース力、マネジメント力を発揮できる人材の輩出
  3. 確かな音楽制作スキルを持ち、ジャンルに捉われない制作技術を持った人材の輩出
ダンス&アクターズ科 ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
  1. コンサート・音楽ビジネス業界に必要とされる即戦力スタッフとして、ホスピタリティ・コミュニケーションスキルに長け、臨機応変に動き、的確かつ、スムーズな対応が出来る人材の輩出
  2. コミュニケーション能力が高く、リーダーシップを持ち合わせ、十分な専門知識を持ち、チームワークにおいてプロデュース力、マネジメント力を発揮できる人材の輩出
  3. 確かな音楽制作スキルを持ち、ジャンルに捉われない制作技術を持った人材の輩出

履修、試験、および進級・卒業の認定に関する細則(抜粋版)

教職員

キャリア教育・実践的職業教育

様々な教育活動・教育環境

学生の生活支援

学生納付金・就学支援

学校の財務

学校評価

国際交流の状況

認定学科

PAGE TOP